FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一!!

たいへん ごぶさたしております。
およそ2ヶ月ぶりの更新になります。

ところでみなさん、これはどこでしょう?
2010071901.jpg






7月19日の事です。
実はこれ富士山5合目です。
2010071902.jpg



前回、自転車で走る事もままならず「 再度乗れなかったら・・・。」
と思うとちょっと恐くなり、自転車に乗ることから遠ざかっていました。

当然ブログねたも無ければ、気力も無い。
ふてり気分でうじうじうじ・・・・。
で、こんなに間があいたという次第です。^^;

今現在も自転車には乗っていません。
が、なにかしなければ何も変わらないまま!

「 ちょっと思い切ったことでもやるか! 」 富士登山チャレンジです。

後に「 思い切りすぎたかも・・・・。」と感じる事を
この段階ではわかっていません。

5合目を夕方に出発。
20時ごろに7合目の山小屋着。
2時間ほど仮眠の後、山頂を目指す。

という工程です。
これは登山道に入ったばかり。
それでも標高2200~2300mぐらい。

酸素が少し薄く感じます。
2010071903.jpg



すぐに日が沈んできます。
高山病にならないようにガイドさんが
ゆっくりペースで率いてくれます。
2010071904.jpg



雲海はとても美しかった。^^
2010071905.jpg



ここからは日が沈んだのと酸欠気味でやばかったので
写真は全然撮らず。

なんとか7合目山小屋に到着。
寝袋分のスペースを与えられ床に就く。
が、寝れません。
寝返りも打てないほどせまい・・・・。 ーー;

横になっていることに苦痛を感じ始めてきたので
表に出る事にしました。
夜空を眺めてるとすぐに時間が経ちました。

山頂にむけて出発の時間になり
夜中から明け方までのアタックになります。

登り始めてすぐ酸欠状態。
8合目から急に酸素濃度が下がった感じがする。
高山病で脱落者もではじめた。

携帯酸素持って行ってて本当に良かった。
「 酸素が美味しい 」なんて始めて思った。
日々普通に呼吸が出来ている事を感謝せねば!

「 体がきつい 」というよりは 「 酸欠でくるしい 」って感じ。
一緒に参加した友人もちょっとヤバイ。
でも、あと少し。 一歩、一歩。

でついに御来光の時が来る。
山頂の少し手前でしたがベストポジションだったと思う。


カメラを用意する人達。
2010071906.jpg



山頂はまだだけど、達成感がわいてくる。
2010071907.jpg



この光景を求めて、毎年多くの人が富士登山に来るんでしょうね。
2010071908.jpg



ここからもう少し頑張って登ります。

で、山頂到達!
2010071909.jpg



山頂からもう一枚。
本当にみごとな雲海です。
2010071910.jpg
しかし、山頂は寒い!!!  夏って事忘れてしまいます。
1時間ほどですぐ下山にかかります。


帰り道もまだまだ雲の上。
気持ち良さそうでしょ?

それは最初のうちだけ。
この道、火山灰が積もった道らしく
足が滑る滑る。 
何十回転びそうになったことか・・・・。
2010071911.jpg



雲がこれぐらい近くなってきた頃には
ひざがガクガクでした。

何度もストレッチをして必死で下る。

ん?

ひょっとして帰りのほうがかなりキツイんじゃないかい?
2010071912.jpg



さすがは日本一!!
景色も、酸素濃度もスケールが違う。

みごとにやられました。 ^^;
2010071913.jpg
しかしとっても良い体験ができました。
一度は行ってみたいと思っていた富士山頂にたどり着けた事は
少し自信になったと思います。
体調もまずまずでしょう。

さあ、ぼちぼち動き出すとしますかね。 ^^
スポンサーサイト

Comment

2010.08.08 Sun 19:12  |  

こんばんは
雲海がきれいですねえ。
今から30年前に一度登ったことがあります。
そのときもこのような雲海と山中湖?が見えて、
感激したのを思い出しました。
まだ若かったのでなんともなかったですが、
今また再挑戦したら私も高山病が心配ですわ。

2010.08.08 Sun 20:34  |  こんばんは

復帰記事が富士山登頂とは驚きました。
TVでラッシュアワー並みの混雑で御来光を見に行かれる様子を
見ましたがナルホド素晴らしい景色ですね。
写真ながらこちらまで感動しました。
いよいよ次は、自転車ですね。^^

2010.08.09 Mon 06:28  |  

ブログ更新、待ってましたー!

かなり心配していましたが、復活がいきなり富士山登山とは驚きでした。

これは完全復活ですね。

それにしても富士山からのご来光は見事ですね。

今までに見たことのない景色、やはり富士山登山はいつか敢行しないとという思いを強くしました。

体調もまずまずのようで、のんびり焦らず無理をせずやっていきましょう。

2010.08.09 Mon 20:23  |  Re: タイトルなし

>つりがねさん

一緒に登った方で、たぶん定年をむかえいると思うんですが
その方は行きのバスの中、昼食時、登山前にビールを
飲んでいたんですが全然平気で登頂されてました。

ちょっとびっくりしましたが何かコツでも
あるのかもしれませんね。 私よりも楽そうでしたよ。 ^^

2010.08.09 Mon 20:32  |  Re: こんばんは

>タカやんさん

私が行った時はそれ程多くなかったんですが
土日はお盆の帰省ラッシュなみなんでしょうね。

確かに普段は見ることの出来ない景色で
一度は行ってみる価値有りだと思いますよ。
タカやんさんは「 富士ヒルクライムレース 」
のほうが興味ありですかね?  ^^

自転車はこれからぼちぼちいきますよ。

2010.08.09 Mon 20:40  |  Re: タイトルなし

>tac-phenさん

ありがとうございます。
完全復活とは行きませんが良い感じです。

登山は首に負担がかからなかったんで大丈夫でした。
やはり、日本一高い場所っていうだけでも達成感がありましたよ。

極限の世界という物はどれも独特の雰囲気があるんでしょうね。

無理せずゆっくり完全復活を目指します。^^

2010.08.15 Sun 23:56  |  日本一の山に登った人は無条件でスゴイと思う

ごぶさたです!
いやぁ、すごいですね~
私もいつの日か登ってみたいんですよ
富士山!

これからも、
ゆっくり確実に回復を目指してくださいね!

  • #-
  • SAW
  • URL

2010.08.19 Thu 20:22  |  Re: 日本一の山に登った人は無条件でスゴイと思う

>SAWさん

ありがとうございます。
日に日に完全復活の手ごたえを感じています。

ぜひ、雲の上を歩いてみて下さい。
とても気持ちが良いですよ。
・・・・過酷な環境ですけどね。 ^^;

  • #-
  • おや  
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://potaman.blog20.fc2.com/tb.php/68-2e3f9192
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

おや  

Author:おや  
空が好き。
音楽が好き。
折りたたみ自転車が好き。
美味しいものがだ~い好き。

京都在住の おや です。
よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
Copyright © おや  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。